【おでかけ】春秋の子連れお出かけに♪開園と同時に入園がオススメ!須磨水族園と垂水アウトレット

今日は、とても秋らしい爽やかなお天気の西宮です。

こう気候が良いと、暑さでバテバテだった夏とは違って、親のやる気も出てきますね~

ということで、先日こちらへ行ってきました♪

夏もいいけどやっぱり春秋にオススメ!須磨水族園

神戸市須磨区にある須磨水族園には、苦楽園口近辺のわが家から、阪神高速を使って順調に車が流れると一時間もかからずに着けます。

今回は平日、開園時間の9時を目指して行ったのですが、心配した渋滞もなくあっという間に到着!

駐車場は周辺にいくつかありまして、子連れには須磨水族園の第一もしくは第二駐車場が近くて便利です。

第一駐車場はちょっと面倒な行き方です。行き方および料金詳細は、神戸市公園緑化協会ホームページ>須磨海浜公園>駐車場アクセス詳細へどうぞ。

でもこの第一駐車場、7、8月をのぞいた平日は一日最大料金が700円なので、一日ゆっくり須磨水族園および周辺で遊びたい人にはオススメ!

水族園の入り口や、海辺の松林公園により近いのは第二駐車場です。

さて、水族園の入り口から。

入り口にある撮影スポットで一枚撮ってから、いざ入園!

大人1,300円、幼児は無料♪大人の年間パスポートは3,000円なので、年3回以上行くなら年パスがお得です。

9時過ぎ、大水槽を一人占め。開園直後だからできる贅沢です♪

朝の光でとってもキレイに見えます。

ホオジロザメのビッグマウスに見入る子。

こんな表示を見つつ、出発!

まずはサンゴ礁の海から。

子どもも大人も見とれる美しさです。

泳ぐヘビや、

タツノオトシゴ。渋いな~

釘付け。

釘付け2。

珍しいものも見ました。

水槽のお掃除タイム。こうして水槽の美しさが保たれているんですね~

その後、3階のふれあい広場へ。

ドクターフィッシュもいて、写真撮る暇はなかったですが気持ちよかったです!

骨に乗ったり、ウミガメに餌をあげたり(100円)して遊びました。

その後、10時半からのラッコのごはんタイムを観に行ったら、こんなことになってました。

ラッコよりも大量の白帽子に目を奪われるの巻。

狭い空間に大量の幼稚園児がいたので、ラッコのごはんが始まる前に退散。。

気を取り直して、園内のミニ遊園地へ。

一乗り200~300円、幼児~小学校低学年向けと思われる乗り物が並んでいます。

ここで少し遊んでから、お待ちかねのイルカショーへ。

ここでもひしめく秋の遠足客。。

でも、イルカショーの観覧席はとても広いので、余裕を持って座れました。

イルカショーを堪能した後、また少し遊園地で遊んでから、お昼前には水族園をあとにしました。

会いたかったイルカ、ウミガメ、ペンギンに会えて、思いがけず乗り物にも乗れて娘は大満足したようです。

なにぶん気候が良いので、平日でも遠足などで多少混み合っていますが、真夏の炎天下に見て回るよりも春秋の方が身体も楽ですね。

幼児の子連れで快適に回るスケジュールとしては、

開園直後に入園、館内をざっと回る

→10時半のラッコごはん、11時のイルカショー

→持参したランチをベンチで食べたり遊園地で遊んだり。(園内のレストランスペースは狭く、平日でも混雑します)

→昼前後の混み合ってくる時間には退園

というのがオススメです。

その後、せっかくなので海辺にもちらっと寄りました。

向こうにちいさーく見えるのが明石海峡大橋。右手の建物は須磨水族園です。

そして、垂水のアウトレットへ!

須磨水族園からは7kmくらいですが、平日のお昼ということもあり、10分かからず到着しました。

車に乗った瞬間に爆睡した娘、しめしめと思っていたら、アウトレットに着いてベビーカーに乗せ替えた時に覚醒するという。。

おかげであまりゆっくりは出来ませんでしたが、安くなっていた子ども服なども買えてとりあえず満足。

ぐっと近づいた明石海峡大橋を見てから、帰途につきました。

帰りの阪神高速が事故渋滞していて、予定より小一時間も長くかかりましたが、全体としてとても楽しい秋のお出かけとなりました♪

*阪神高速は、高速に乗る前の渋滞表示などがないため、乗ってしまってから「しまったー!下道のが早かったかも、、」となることがあります。高速に乗る前に、ラジオやスマホなどで渋滞チェックをするのがオススメです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク