【おでかけ・公園】子どもも大人も大満喫♪子連れで芦屋と岡本で1日遊ぶ方法

今日も秋晴れの西宮でした。

風は冷たくなってきて、外に出るときは薄い羽織が欲しい時期になりました。

先週末もよく晴れたので、近場で遊んできました!まずはこちらからご紹介♪

オシャレな町、芦屋と岡本を子連れで楽しむ!

子どもも大人も楽しく過ごすために、こんなスケジュールを組んでみました。

芦屋・茶屋之町散策→芦屋遊園→海→ランチ→岡本ショッピング。

岡本で大人がゆっくりショッピングできるかは、娘のお昼寝タイムをうまく当てられるかどうかにかかっています、、!

さて土曜日、ゆっくり朝ごはんを食べてから向かったのが、芦屋・茶屋之町

茶屋之町は雑貨、ケーキ、コーヒー、イタリアンレストランなど、こだわりのお店が立ち並ぶ通りで、京阪神の雑誌にもよく登場しています。

ここへ来ると立ち寄る雑貨屋さん(1階に文房具とカフェ、2階に小物や衣服、3階はギャラリー)では、3階で靴下展が開かれていました。

通りを見下ろす窓辺にも靴下がずらり。

ケーキが美味しいイタリアン、アマレーナもすぐそこに。

以前にこちらでランチを食べたときは、ピアノの生演奏もありました。ケーキは持ち帰りの販売もされています。

ケーキと言えば、この通りには芦屋で有名なプランもあります。

ちょっとお高めですが、とっても人気で午前中に売り切れるケーキもたくさんだとか。

どれも濃厚なお味です!

美味しいコーヒー屋さん、リオもこちらに。

主にコーヒー豆販売でカフェではありませんが、ドリンクのテイクアウトもしていて、座るスペースも少しあります。外にもベンチがあるので、良い季節にはお客さんが座ってコーヒーを飲んでるのをよく見かけます。

まずはコーヒーでも飲もうかと思って茶屋之町に来たのですが、お店をひやかしながら子どもとぷらぷら歩くだけでも、今の時期は気候が良くて気持ちいいですね~

ちなみに車は、近くにいくつもコインパーキングがあるのでそちらへ停められます。

さて、おなかもまだ空いていないし、次は公園へ行くことに。

この日は以前も書いたこちらへ!

芦屋川沿いの黒松林にある、芦屋遊園

【公園】海も川もすぐそこ!黒松の林で遊べる、芦屋川沿いの芦屋遊園♪
今日も一日薄曇り、薄日が差したりかげったりの西宮でした~ まだまだ蚊はいるけれど、外で過ごすのが本当に気持ち良い季節になってきました♪...

いいお天気で、たくさんの家族連れで賑わっていました。

子ども画伯の描いたアンパンワールドも。

すぐそこの海にも行ってみました。

本当にいいお天気だったので、水がキラキラしてキレイでした。

でもこのあと、山の方が若干怪しい雲行きに、、

海に未練を残す娘をうまく誘導し、車へ。

公園と海で遊んで、大人も子どももおなかが空いてきたので、JR芦屋駅前にランチに行くことに。

この日は久々にこちらへ♪

インデアンカレー

ここのカレー、辛いのですがその中に甘みもあって、数ヶ月に一度は食べたくなる味なのです。付け合わせのザワークラウトがまた美味しい!

タマゴをトッピングしてマイルドに。

ミートソーススパもあります。

幼児には両方厳しいので、娘には持ち込みのおにぎりとパンを。

メニューのラインナップはこんな感じです。

車はラポルテ(JR芦屋駅前のショッピングセンター)の駐車場に停めたので、お店で駐車券の割引券(2,000円以上で2時間無料)をもらえました♪

このあと、岡本へ向かう車の中でうまい具合に娘がウトウトしてくれたので、阪急岡本駅近くの適当なパーキングに車を停め、夫と、ベビーカーですやすや寝ている娘を、2号線南側にあるスタバに置いて。

岡本は、阪急岡本駅の南側に、カフェやケーキ屋、パン屋、雑貨屋、洋服屋などのオシャレな商店街がある街で、こちらもよく雑誌に紹介されています。

強風が吹いたり雨がぱらついたりもしましたが、かわいいお店たちが至近距離で点在しているので、天気を気にすることなく動けました。

以前はなかったカフェも何軒かできていたので、次回はゆっくりお茶もしたいな~

という感じで1日、うまく回って楽しめました!

この日の反省点と言えば、岡本のパーキングは、グルメシティ(ダイエー、阪急岡本駅から徒歩3分)に停めれば良かったというところ。。

帰りにグルメシティへ買い物に寄って知ったのですが、2,700円以上で1時間無料になるそうですよ~

グルメシティ2階の女性トイレに、おむつ替えシートもあり、ちょうどおむつ替え時だった娘を連れて行けて助かりました☆

子どもの欲求に合わせたスケジュールをうまくこなせて、皆で楽しく過ごせて良かったです♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク