【おでかけ下見】神戸での子どもの外遊びに♪みなとのもり公園からのメリケンパーク

今日は何度も雪のちらついた西宮です。

最近本当に寒い!

少しの時間でも、コートなしでは外にはいられない気温です。

冬にも咲く種類のラベンダー☆

さて、この年末年始、近場で空いてそうなところへ娘を外遊びに連れて行くつもりで、夫が下見(運動のため、自転車で西宮ー神戸間を往復)してきたところがあります。

結局、家族全体の体調がふるわず、おでかけは断念したのですが、せっかくなので下見画像とともにご紹介したいと思います!

子どもも大人も、思いっきり走り回れる!みなとのもり公園

みなとのもり公園(神戸震災復興記念公園)は、三宮ターミナル(阪急・阪神・JR)から南へ約15分のところにある、大きな公園です。

阪神淡路大震災から15年目の2010年1月17日に開園したみなとのもり公園は、震災の復興事業および防災公園として整備されています。

震災発生時刻の午前5:46を指している時計の設置や、

語り継ぎ広場など、

震災の経験と教訓を後世に継承するための取り組みがなされており、遊びと学びを一度に体験できる公園でもあります。

娘がもう少し成長したら、こういうところで遊びながら、震災の経験を話して聞かせたいと思っています。

園内マップはこちら。

幼児連れに嬉しい、おむつ替え台のあるお手洗いも完備されています。

また、街中ではなかなかない、広くスペースを取ったコンクリートのスポーツ広場も!

バスケやスケボー、インラインスケートなど、さまざまなスポーツを楽しめます。

その名もニュースポーツ広場。

こんなのが近所にあったら本当にありがたいなぁ、、!

このみなとのもり公園自体にはパーキングはなく、すぐ横に大きな有料パーキングがあります。

値段の違いは屋根の有り無しなので、真夏でなければ安い方で十分です。

この駐車場、運転しながら探すと見落としがちなので、すぐ隣にあるこちらを目印にすると分かりやすくておすすめ♪

位置関係としては、東からつるやゴルフ→サニープレイス駐車場→みなとのもり公園となっています。

ちなみに、わが家が三宮へ車で遊びに行く場合も、いつもこのサニープレイスへ停めています。街中よりも安く、かつ三宮中心部へも徒歩10分程度で便利です☆

海を見ながらのお散歩に♪フリマがたつことも!メリケンパーク

みなとのもり公園から2~3kmの距離にある、真っ赤なポートタワーが目を引くメリケンパーク。

ポートタワーや、その向こう岸にあるハーバーランド(umieという大型ショッピングモールがあります)は神戸の観光名所として有名ですが、メリケンパークを目的地としてくる人は少ないかな?

メリケンパークは、神戸港再生の一環として、メリケン波止場とポートタワーの間を埋め立てて1987年に完成した公園です。

名前の由来は、明治初期にアメリカ領事館があったことから、アメリカン→メリケンとなったそうな。

みなとのもり公園側(東側)からメリケンパークを臨む

ポートタワー、神戸海洋博物館&カワサキワールド、神戸メリケンパークオリエンタルホテルなどの観光地のほか、神戸港震災メモリアルパークも造られています。

上の画像右側に見えているグレーのものは、フィッシュダンスという高さ22mの巨大な鯉のオブジェ。

すぐ隣のカフェ・フィッシュは、結婚式の二次会にもよく利用されている、神戸では有名なカフェです。

メリケンパークへ入っていくと、

海が本当にすぐそば!

ポートタワーや、海洋博物館の特徴的な白い大屋根を見ながら散歩&休憩できるような広場になっています。

オリエンタルホテルの半円近くには、これまた半円形のステージも。

なぜかモアイもいます。

昨年4月にスタバもできました。西日本最大級かつ関西初の公園内店舗だそうです。

パーク内のお手洗いには、おむつ替え台のあるユニバーサルトイレが完備。

パークのど真ん中にパーキングもあります。平日はお得ですね~

メリケンパークでは、年に何度か不定期でフリマも行われています。

神戸みなとの市リサイクルマーケットというサイトによると、今年は3月頃に開催があるかも?別の場所開催かもしれませんが…

海を見ながらのんびりお散歩したりコーヒーを飲んだり、幼児が乗り物(わが家ならジャリモ)で遊んだりするのにぴったりなメリケンパーク、体調が万全になったら、みなとのもり公園とあわせてぜひリベンジしようと思います。

海洋博物館&カワサキワールドも、船や電車など、わが家の2歳半が楽しめる展示がありそうです♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク