【子育てグッズ】おしりふきのための、ウェットシートのふた。100均とビタットの使い勝手比較!

今日は比較的暖かく、公園でたっぷり遊べる陽気だった西宮です。

先日の皆既月食は見逃してしまいましたが、寒いおかげで最近はお月さまがキレイに見えますね。

さて、年末に記事にしたばかりのビタット(ウェットシートのふたの商品)が、残念ながら寿命を迎えてしまったので、100均のものとの使い勝手比較を載せたいと思います!

【子育てグッズ】買って良かったおむつまわりグッズ☆わが家の2歳半、これ使ってます!
今日(昨日)は晴れ時々くもりの西宮でした。 ゆうべまでの楽天大感謝祭で、いつも使っているおむつまわりグッズのひとつをストックに買いまし...

結論:ウェットシートのふた、使い勝手はやっぱりビタット。

画像左のトーマス柄がダイソー、右がビタットです。

縦も、

横も、

ビタットの方が大きいです。

ふたを開けると、この違い。

私自身、ぱっと見はあまり大差ないなーと思ったのですが、使ってみると全然違いました。。

ビタットの方が、断然使い心地が良かったのです。

その理由。

・ふたを開けやすい

→片手でもパカッと気持ちよく開く。

ダイソーのものはふたが固いため、両手で開けないといけない。

・シートを取り出しやすい

→口が大きく開いているため、ダイソーのものと比べて手が迷わない。

大きさはほんの少しの違いなのに。。

たぶん無意識に、取り出したシートの次のシートをなるべくウェットシートのパッケージ内部に戻そうと、手が動くのです。

そのとき、ダイソーのものはビタットに比べてふたの口が小さいため、手元を見ながらその動きをしていることに気づきました。

今まで手元は全く見ずにその動きをしていたので、非常に些細なことながらも気になりました。

慣れの問題だとは思いますが。。

・ふたを閉めやすい

→開けやすさと同じく、ふたの固さが物を言っている。

結論:値段は倍するけれど、毎日何度も使う日常では、確実にビタットがお役立ちです。

ビタットの耐久性に関しては、以前の記事通り、約2年半もちました。

ダイソーのものも引き続き使っていくので、いつかその耐久性にも言及したいと思います。

ビタットは当初、自宅用、お出かけ用(鞄に入れっぱなし)、実家用とまとめて3つ買ったので、楽天でまとめ買いしました。

たくさん使いたい、誰かとシェアしたい、予備が欲しいなど、安く複数欲しいときにぴったりです。
ちょうど今夜から楽天マラソンなので、買い回りにも♪

シンプルなビタットのほか、リボン型も出てるんですね~

ビタットではないものの、ミッキー好きな人にはこんなのも。

ビタットを個別に買うならAmazonがお得です☆

わが家では、もう1つビタットが寿命を迎えたら買い足す予定です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク