【英語教育】WKE(ワールドワイドキッズ)の会員限定イベント、ワークショップに参加してみました!その内容と感想。

ここ数日は、公園で遊べる程度に少し気温の上がっている西宮です。

わが家の2歳半は、最近シーソーがお気に入りに。

さて今月、WKE(ワールドワイドキッズ:ベネッセの幼児英語教材)の会員限定イベントであるワークショップに参加してきたので、レビューしたいと思います!

WKEについてはこちらの記事にも書いてます↓

【英語教育】ワールドワイドキッズ(WKE)を1年使ってみてのレビュー!2歳半の娘、今の英語力は?
今日(またも昨日になってしまいましたが)は、すこーしだけ寒さが緩んだかな?という西宮でした。 21時の外気温が5℃くらいはあったかも?...

WKEの会員限定イベント、ワークショップに初参加☆

娘がWKEを使い始めて1年が経ちました。

当初は遊びの一環として私が選んだものを一緒に観ていたWKEのDVDも、いつの間にか娘が自分で好きなものを選んで観たがるようになり、今では朝食後の家事タイムが娘のDVDタイムとなっています。

英語絵本や英語で遊ぶおもちゃも日常になり、Mimiたち(WKEのメインキャラ)の世界観にどっぷりハマっています。

簡単な英語のやり取りも理解できるようになってきたので、ワークショップに参加してみるのもおもしろいかな、と参加を決めました。

娘お気に入りのMimiたちの世界で遊べるというのと、親子2人で50分2,160円という参加費の安さが決め手です。

今回、会場は各駅三宮から徒歩5分程度でアクセスできる、神戸国際会館を選びました。

ベビーカーは部屋の外の廊下に並べて、受付でネームタグとネームカードをもらったら、靴を脱いで部屋に入る感じでした。

当日の参加者は、子どもが約10人に各親が1人ずつ、それから3人ほどの見学者(参加している子どものもう一人の親、有料、確か1,050円?)。

プログラムはこちら。

ワークショップのステージは、WKEのステージにあわせて1~6がありますが、今回は今の娘がいちばん楽しめそうなステージ2を選択しました。

まず、子ども同士もしくはキャスト(外国人2人)と英語で挨拶、自己紹介をしてネームカードを交換。

今回のワークショップは、WKEステージ2に出てくるOld McDonaldの牧場に遊びにきた、という設定で、挨拶後はみんなで輪になってハローソングを歌ったり、動物のクイズをしたり、サルの赤ちゃんのお世話をする遊びをしたりしました。

娘は、いつもDVDや絵本、おもちゃで親しんでいるものばかりが出てくるため、あまり人見知りも発動せずにしっかり楽しめていたようです。

キャストに聞かれる簡単な質問にも英語で答えることができ、日頃観ているDVDの効果、また私との拙い英語のやり取りの効果を実感できました。

参加していたほかの子どもたちも、終始楽しそうにしていました。

どの子も、相手の言っていることがわかる!それ知ってる!という喜びが、身体中からあふれ出る感じでした。

そして、日頃はどうしても一方通行になってしまうMimiたちの世界が現実に感じられて、しかもやり取りできる(もちろんパペットなどとですが)というのもすごく嬉しいのかも?

帰りには動物の影絵クイズのおみやげももらって、楽しいイベントになったようです。

このワークショップ、リピートするかと聞かれれば…

次のステージ3(もう少しターゲット年齢が上のアクティビティあり)を楽しめる年齢になったら、検討してもいいかな、というくらいです。

キャストは一生懸命盛り上げてくれますし、普段は娘一人(と親)で楽しんでいるMimiたちの世界をほかの子どもたちと一緒に楽しめるという点はとても良いですが、ワークショップ自体が年に数回しかなく、継続性に乏しいのが難点。。

また、今、週1回参加している親子英語サークルがあるのですが、そちらは1回あたり1時間半、内容はバリエーションに富み、1ターム(約3ヶ月)13回くらいあってタームあたりの費用が1万円というリーズナブルさ。本当に言うことなしです。

それと比べると、今回のワークショップはコスパも内容も見劣りするかなぁというのが、親目線での率直な感想でした。

ワークショップは毎回参加者も違うし、50分という時間の中でできることは限られているとは思いますが…

ただ、娘自身はとても楽しんでいたので、今後の様子を見て、ステージアップしたワークショップに参加するかどうか検討するつもりです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク