【旅】養老公園内・岐阜県こどもの国で、めいっぱい遊ぶ!(岐阜県養老郡養老町)

今日は真冬!の寒さになった西宮です。

あまりの寒さに、外遊びしたい気をそらさせるために、ダイソーの子ども用安全ハサミで折り紙を切る遊びを提供しています。

ハサミが大好きな娘は大喜び。後片付けと、最中の安全に気を配るのがなかなか大変ですが、室内はとにかく暖かい、、!

さて、先週末の旅行の日曜も、土曜に引き続き子どもが思いっきり楽しめる場所に行ってきたのでご紹介します♪

間違って入ったのが大正解!岐阜県こどもの国

滋賀の休暇村 近江八幡から、車で約1時間。

岐阜県こどもの国は、養老公園内にある小学生以下対象のアスレチック施設です。
養老公園にはほかに、スポーツエリアとご存知養老の滝エリアがあり、公園の敷地はかなり広いです。(こどもの国から滝までは2kmとの看板がありました)

そもそも今回は、養老ランドなるツッコミどころ満載らしい遊園地を目指してやってきたのですが、養老公園の敷地に入ってすぐ右に「こどもの国駐車場」という表示があり、名前は違うけどここが養老ランド?とそのまま駐車してしまったのでした。

駐車料金、1回300円(さすが公営施設、安い!)。

そしてこどもの国へ入っていくと、入場料も取られないし、遊園地にあるはずの乗り物も見当たらないけど、、?

そこでこちらの地図を発見。

どうも養老ランドとは違うところにいるようだ。

ネットで調べたら、ここから少しのぼったところに養老ランドがあるみたいなので、とりあえずここでも少し遊んでいこう!ということに。

ひろーい敷地に、カラフルなアスレチックが点在しています。

ぼうけんひろば(アスレチック)を見渡せる展望台。

石の滑り台や、

かなり斜度のある滑り台(画像右側)。

ネット遊具に、

子どもが大好きなターザンに、

たくさんの大型複合遊具。

ボルダリングや、

ロープの遊具などなど。

すべて載せきれないほど、さまざま、細々ありました。

画像にちらちら写っているように、芝生にテントをはってのんびり遊んでいる家族もいて、わが家も近かったら通いたい!と思う公園でした。

2歳半の娘には本来の使い方では遊べる遊具が限られていましたが、子どもの自由な発想であちこち走り回って楽しんでいました。

寒かったけどよく晴れていたのもあり、たくさんの子どもたちで賑わっていて、とっても楽しいひとときでした♪

ぼうけんひろばの隣には、またまたひろーい芝生エリアもありました。

ぼうけんひろば上の公園事務所の建物の中ではカード作りのイベントも行われていましたし、三輪車の無料貸し出しもありました~

同じ建物の中に、室内遊技場「こどもホール」や、絵本を読める図書室もあるようです。

これだけの施設を駐車料金300円で楽しめるなんて、素晴らしすぎる!

次回来る機会があったら、お弁当持参で1日遊びたいと思います☆

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク